校長室より

2013年10月1日火曜日

平成25年度10月朝礼校長講話

 私はおとといの9月29日(日曜日)に,東大阪の近畿大学本部に行ってきました。実は,この日は一昨年まで近畿大学の理事長を10年以上も務められた世耕弘昭先生の命日にあたります。3回忌ということでキャンパスの11月ホールで「世耕弘昭先生を偲ぶ会」が行われ私も出席をしました。理事長という職は一般の会社でいえば社長に当たります。近畿大学の創設者は皆さんも知っている通り世耕弘一先生ですが,先生のご子息に当たられる方です。偲ぶ会では先生のこれまでの数々の業績が紹介されました。今,近畿大学は順調に実績を伸ばしどんどん評価が高くなってきていますが,その基礎を築かれたのは弘昭先生であるというお話を聞きました。また,東大阪キャンパスに行った人は知っていると思ますが,学生の語学力を上げたい,英語が苦手な学生に英語が喋れるようになってほしい,との思いから「英語村(E-cube)」を企画されたのも弘昭先生である,というお話もありました。当日は,大学のオープンキャンパスやホームカミングデイ(卒業生が母校を訪れる会)も行われていました。近畿大学の歴史を振り返り,またこれからの近畿大学の発展を期待させてくれる一日でした。


さて 今日から10月です。学年の半分が終わり今日から後半戦です。ニュースでは10月からの暮らしがこう変わる,という見出しで食品価格の値上げや最低賃金の引き上げ,児童扶養手当の引き下げなどが話題になっていますが,社会においても10月は一つの節目になっています。今日から大学入試センター試験の出願が始まります。校内では,中学と高校の大きな行事である修学旅行があります。中間試験も間もなく始まります。後半のスタートに当たり,皆さんにはこれからの目標を明確に持ち,目標に向かってけじめのあるメリハリのある日々を過ごしてほしいと思います。

 
暑かった夏が終わり,これからしばらくはすがすがしい日々が続きます。勉強の秋,スポーツの秋,芸術の秋,読書の秋,食欲の秋,・・・・。様々な秋があります。今日は中学1年では稲刈りも予定されています。私は,日本のいいところの一つは四季の移り変わりがあり,季節の変化があることだと思います。本校の周りは自然環境に恵まれていますが,ぜひ,自然の変化にも目を向け,季節の変化を楽しむ余裕をもって今日からの後半戦をスタートさせてください。